JUGEMカスタマイズメモ。現在0からテンプレートを組み立てる試みのため、CSS真っ白です。
経過を注視したい方、WIN系ブラウザでCSSバグチェックしてくださる方募集中〜〜〜(笑)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
記事をパクるという行為
オロルン*ヤプログ改造講座と素材 ヤプ講座サイトさんへ

たまたま見かけた記事なのですが、びっくりです。
やっぱりいるんですねえ…記事をパクる輩が。


私は、ブログをほぼMovableTypeから始めた人間です。
MovableTypeっていうのは、とても高機能なブログシステムでして、テンプレートのカスタマイズは言うに及ばず、入力項目を増やしたり、条件分岐でカテゴリーごとにテンプレートを変えたり、カテゴリーをページ分割したり、同じテンプレートでメールフォームが作れたりと、いろいろなことができます。それらは、MovableTypeを愛する方々による、無償配布のプラグインによって実現できるものです。
また、プラグインの設定方法や、エラーがあった時の対処法など、これも探せばMovableType利用者が記事としてちゃんと書いてくれていて、涙が出るほどです。

いや、MovableTypeの宣伝をしたいわけではないのですが、もう少し。
これが一番言いたいことなのですが…
MovableType利用者は、自分が問題解決に当たり参考にした記事を明記し、きちんとリンクしているのです。リンクすると同時に、トラックバックをし、「参考にさせていただきました」と相手に伝えます。その上で、自分の解決方法(環境によって違うので)を自分の言葉で置き換えて記事にします。
すると、その問題関連の有用なデータが、そこに集約されることになります。
ある記事だけでは解決できなかったけれども、そのトラックバック先に、自分と同じ問題を解決した事例が載っていた、ということがあるわけです。

自分がそれを経験したとき、「トラックバックとは、こういうものなのだ!」と痛感し、そのスバラシイ世界に喜びを覚えました。
相手への敬意の裏に、「私はMovableType使ってるんだぜ」という誇りが見えるような気がしたのです。

これはMovableTypeに限った話ではないと思うのです。
他の人に自分が得た知識を開陳するなら、それ以前に、自分が教えてもらった相手に対して、敬意を示さなければならないと思います。それは逆に、自分をおとしめないことでもあります。他人の作ったものをさも自分が作ったもののようにみせびらかす行為は、自分という人間に誇りを持てない、恥ずかしい人間のする行為だからです。
なんていうかなあ。あちこちから大きな借金をしながら贅沢な服を着ている人みたいですね。

How toブログで、参照・参考先が明記されていないところはうさんくさい、と私は思っています。参照・参考先というのは記事の論拠を示すものとして、本来はあった方がいいし、管理者の人間性(謙虚さ)がわかりますから。
|ネットこもごも | comments(0) | trackbacks(0)
アクセスアップするには?

「アクセスをアップさせるにはどうしたらいいのか」がみなさん気になるようで。 私が知った方法をまとめておこうと思います。

ちなみに、私が最初のブログを立ち上げたのは2003年11月でした。その4年前からサイトを立ち上げてはいたのですが、掲示板と日記と更新記録が書けるブログという機能はいいかもしれない!と思ったのが使い出したきっかけです。
あのころは、ブログサービスがほんと数えるほどしかなくてですね…ココログはあったかな?私はエキサイトブログからのスタートでした。
しかしほどなく、インストール型ブログのMovableTypeに移行しました。デザインがサイトの他のページに合わせられなかったから。今ではMovableTypeでサイトを全て作っています。

でアクセスアップの話。
基本的な考え方としては、「入口を多くすること」なんですよね。
「入口を多くする」とはどういうことかっていうと、「他のページからのリンクを多くする」ということです。
じゃあ他のページからのリンクってどうやって作るのか、というと。

  • 他のブログにトラックバックを送る。
  • 他のブログにコメントする際に、URLを入れる。
  • 他のブログで引用される(トラックバックされる)
  • 他のブログのリンク集に入れてもらう
  • RSSリーダーに登録してもらう
  • 検索で上位にヒットする(検索画面からのリンク)
  • 検索のディレクトリに登録される
こんな感じでしょうか…(あとで気付いたらまた付け足します。あ、ランキングは使いません。ランキングは私の感覚として、イタイ感じがするので^^;)

続きで、詳しく解説?します。

続きを読む >>
|ネットこもごも | comments(0) | trackbacks(0)
mixiの足跡に過剰反応する人々
さるQ&Aサイトを見ていると、mixiについての質問で(っていうかmixiについてはmixi内で聞けという感じですが)
「友達にしか日記を公開していないにもかかわらずしつこい足跡があるので気持ち悪い」
という質問っていうか感想っていうか、まあご意見がままあるわけですが。

日記は友達まで
プロフィールも友達まで
とすると個人情報部分は友達までしか見られないわけでしょう…

恐らく足跡を残す人は、何らかのキーワードで定期的に検索かけているか何かじゃないでしょうか。
でなければ見るべきところもないページにどーしてわざわざ来たりするでしょうか?
自意識過剰すぎなんじゃないかと、ものすごーーーーーーーく思ってしまうんですが。

しかも友達にしか日記もプロフィールも公開してないんだったら実害があるわけではなかろうに、何でイキナリアクセス禁止という極端な発想になるんだろう。

「気持ち悪い」というただの「感想」からいきなり何らかの「実力行使」に至る異常さ。そこには、「相手がある」という思考が全く抜け落ちている、と言わざるを得ません。

いつからこんな変なネット社会になってしまったんでしょうね???
自己中。自意識過剰。自己都合。過剰な自己防衛。

足跡があるからいけないんですかね。
っていうか本来、あの足跡機能って、友達を広げるための機能だったはずです。それがいつの間にか、「変質者チェック機能」に変質ですか。しかもそのチェック機能は、管理者の能力に依存する…管理者の情緒、主観、感想によるわけで。何も知らずにアクセスしていた人にとってみればいい迷惑な気が。


あんまりタイプでない男がいる、しかも相手は自分に好意を持っているらしい。
悩んだ末
「私、彼氏がいるから。変な噂立てられても困るしあんまり近寄らないで」
言ってやったとばかりに去る女。
でもその男はその女に好意も何も持っていなかったのだ。
一方的に言われて呆然と立ちつくす男。

どちらがオカシイんでしょう。


情緒とか主観とか感想といったものは、コミュニケーションの中ではある程度抑制すべきものであって、判断の基準は客観ですよ。もちろん自分で客観視するわけなので、結局主観になっちゃいますが、「客観的に物事を判断する努力をしよう」とする意識を持ち合わせていない人が実に多いことに驚きます。

管理者が勉強不足知識不足…いや、社会経験不足なほど、アクセス禁止に入ってるIDは多いんじゃなかろうか。
|ネットこもごも | comments(0) | trackbacks(0)