JUGEMカスタマイズメモ。現在0からテンプレートを組み立てる試みのため、CSS真っ白です。
経過を注視したい方、WIN系ブラウザでCSSバグチェックしてくださる方募集中〜〜〜(笑)
<< mixiの足跡に過剰反応する人々 | main | アクセスアップするには? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
a要素の疑似クラスにはちゃんと順番がある
私は趣味のブログをMovableTypeで作っている のですが、そこでテキストリンクが思い通りにならなくて疑問でした。
一度訪問したリンクにカーソルを持っていったら、アクティブにならなかった(色が変わらなかった)んですよね。
なぜなんだろう、と思っていたら。

あの、リンクにカーソルを持ってくると色が変わる、とか、一度訪問したリンクの色が変わる、というのは、CSSでa要素に「疑似クラス」というものを指定することで実現できます。
しかし実は、この疑似クラスを4つ続けて指定する場合、ちゃんと順番通りにしないと意図した結果が得られない場合があるそうな。

私の環境はMacOSX、使用ブラウザはCaminoなのですが、それにどうやら当てはまっていたらしい。指示通りにしたら、直りました…(^^;

自分の見ている環境でOKでも、他の人が見たらそうなっていない、ということは多分にあるので(特にインターネットエクスプローラ俗に言う「IE」と、もじら系のFIREFOXやCAMINOとの間には大きな溝がある)、ほんと注意です…

というわけで正式な順番はこれ。一応意味も書いておく。

a:link{   } /*普通の状態 */
a:visited{   } /*閲覧済み */
a:hover{   } /*カーソル当てた時(マウスオーバー) */
a:active{   } /*クリックした時 */
|CSSメモ | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
|- | - | -









http://sps-v.jugem.jp/trackback/5